"REAL CLOTHING"をテーマに、
本物にだけ感じることの出来る情熱を世界中から探します。


寒くなったり、暖かくなったりを繰り返した11月。

毎日予想気温をチェックしていないと、薄着すぎたり厚着すぎたりと服装を失敗する時があるんですよね・・・。

世間ではハロウィンの話題も落ち着きを見せ、街はイルミネーションに包まれ出しました。
ようやく気温も安定し、朝晩はすっかり冷え込んできましたので、去年のアウターを引っ張り出した方も多いのではないでしょうか。

何かとイベントの多い12月を乗り越える上で大切なものは、個人的に胃薬がダントツ一位ですが、資本である体を守ってくれるという意味ではアウターも非常に大切なモノかと思います。
そして何よりも、冬のお洒落はアウターがメインですよね!

ということで、本格的な冬の到来を目前に控え、バイヤー宮本がオススメするring的"冬スタイル"ご覧ください〜!!

ring buyer STYLE

宮本

MOORERの上質なウールカシミアの素材感をそのままに、タートルネックやストールも同素材で合わせたラグジュアリーなカジュアルスタイルです。
ブランベージュと相性がよいブラックを使うことで、引き締め効果のみならず、モダンな雰囲気も演出出来るのでオススメの色合わせです。

MOORERの人気モデル"MORRIS"はオンオフ兼用のラグジュアリーダウン。首回りのファーは着脱式ですので、金額面で数を揃えにくいアウターにとってガラッと表情を変えられるのは嬉しい限り。
ブラックソリッドの大判ストールは男性的でモダンな色気を香らせるのに一役買います。しかしながら、質感がチープでは逆効果。その点、女性の認知度も高く、カシミヤ特有の鱗が美しいJohnstonsであればプラスでしかありません。
"英国調"が一大トレンドとなっていることは百も承知かと思いますが、田舎臭くなるのはNG。チャコールグレーのハウンドトゥースのパンツに、ブラックのサイドゴアブーツであれば都会的なブリティッシュを簡単に表現できます。

使用アイテム

ring buyer STYLE

宮本

ロングレングスにややゆとりを持たせた身幅と"ナウ"な雰囲気を持ち合わせたBARBOURのモデル "バーレー"。
オーセンティックなスタイリングながらも、コテコテにし過ぎずデザイン性のあるニットやイタリアブランドのデニムといった具合にMIXスタイルを意識しました。

ほんのりモダンな香りを漂わせつつも、どこかフェミニンなニットブランドFablizio Del Carlo。オーセンティックなオイルドコートに、ローゲージの甘い編み地とトレンドのモックネックがこなれた雰囲気を醸し出します。
ブラックの膝丈のロングコートですので、パンツが重たくては全体の印象が鈍臭く見えてしまいます。しかし、ウォッシュドのブラックデニムであれば適度な抜け感をもたらせつつ、美脚シルエットの代名詞"SUPER SLIM FIT"が、オーバーサイズ気味のシルエットを大人のスタイリングに格上げしてくれます。
Barbourと同様に、英国ブランドであるTricker'sのカントリーブーツを使用することでスタイリングに説得力が生まれます。そして、オフホワイトのウールソックスを持ってくることで、抜け目のないスタイリングが完成します。

使用アイテム

ring buyer STYLE

宮本

個人的にも注目しているグレーカラーですが、なかでもStile Latinoのピークドラペルのチェスターコートは、クオリティ・デザイン・色気ともに申し分なし!です。
ringの得意とする英国ブランドを絡めて少しトラッドな印象に纏めました。

英国的なエッセンスを加えたスタイリングであれば、ホリゾンタルカラーよりもボタンダウンやレギュラーカラーがベストな選択です。ニットタイで少し遊んでいますが、ソリッドのウールタイでもまったく問題ありませんのでご安心を。
ホワイトとグレーだけではお堅く見えてしまい、イタリア物らしい色気が少し不足します。小物を使って、キャメルやボルドーで色差しを行うと印象が変化。さらに、カシミヤ素材であれば、よりラグジュアリーなオーラを作り上げてくれます。
以前まではNGとされていた、柄on柄。しかし、昨今その風潮は風前の灯です。しかしながら、ただ単に柄を重ねて派手に見せてしまっては上品さに欠けてしまいます。色のトーンをハズしすぎない。柄の大きさが違うものを重ねる。この二点を押さえておけば間違った合わせ方には写りません。

使用アイテム


PAGE TOP

HOME

NEWITEM

BRAND

ITEM

STYLE