"REAL CLOTHING"をテーマに、
本物にだけ感じることの出来る情熱を世界中から探します。


ようやく秋めいてきた今日この頃。

今年の秋冬シーズンのスタートは(ちなみに店頭では8月8日が立ち上がりでした)、例年にない台風被害に見舞われました。
皆様も、「さ〜今年は何を着ようかな?」といったマインドにはシフトしずらかったのではないでしょうか。

ここ、ring OSAKAが入るハービスPLAZAも8月9月に計2度臨時休館するといった、過去に例を見ないシーズンでした。

10月も終わりを迎え、店頭スタッフはジャケットを羽織って通勤しても汗をかかなくなり。
私も就寝時のタオルケットをいい加減毛布に変えないと風邪引きそうと、本気で思い始めて1週間ぐらいになります。

そんなこんなで本格的な秋を迎えて、バイヤー宮本によるringオススメの"秋"スタイルをご紹介いたします!

実は、ringのメインコンテンツである『ring daily style』の大半はバイヤー宮本によるスタイリングなんです!
ringらしさをベースに、トレンド感と、バイヤー宮本らしいほんのりとモダンなスタイリング。
これを見て、この秋の着こなしを色々と妄想してみてください〜!!

ring buyer STYLE

宮本

今シーズンを象徴する柄、素材でもあるガンクラブチェックとコーデュロイを使い差し色にマスタードを効かせた英国フレイヴァーを感じるスタイルです。 野暮ったさが先行しがちなスタイリングですが、イタリアブランド特有の色艶を掛け合わせることで、不思議とこなれ感を演出できます。

Vゾーンはマスタードをピリッとスタイリングに効かせています。マスタードだけに・・・(苦笑)
ツイーディーな質感のガンクラブチェックに、コーデュロイという一見野暮ったい合わせ。しかしながら生地は薄手であり、Stile Latinoの仕立てとPT01の美しいラインによって野暮ったさは皆無です。
足元はブーツだとゴテゴテのカントリースタイルになってしまします。ここはローファーで軽やかさを演出します。

使用アイテム

ring buyer STYLE

宮本

英国的要素の詰まったトレンチコートやシェットランドのニットを使いディテールや色、小物に変化を持たせたスタイリングになります。
今シーズンはカラーニットを使ったスタイリングを提案していきたいところでしたので、こちらはまさにそれを地で行くスタイリングではないかと思っています。 ウールパンツやシューズをブラックにすることで、土臭くなり過ぎずモダンな雰囲気を演出できる点もポイントです。

シェットランドウール独特の発色であれば、明るいイエローもイヤらしく感じません。スカーフの小物使いや、コートのシルエットで変化をつけます。 ちなみに、こちらのコートにはローデンクロスジャージー素材の着脱式の襟が付属されています。
マスキュリンなオーバーシルエットのコートには、ピタピタなパンツはNG。程良く腰回りにゆとりがあり、テーパードの効いたらPT01の"GENTLEMAN FIT"が好相性です。イギリスの生地メーカーMOON社製のキャバリーツイルなので、英国的なスタイリングに説得力が生まれています。
トレンチコートのベルトって邪魔に感じる事ありませんか?しかし、このベルトのこなし方次第でより洗練されたスタイリングに見せることができます。COHERENCEデザイナー中込憲太郎氏曰く、腰後ろでベルトを結んでいるのはアジア人だけとか・・・。ベルトは前で結ぶか、ポケットに入れるのが最適解ではないでしょうか。

使用アイテム

ring buyer STYLE

宮本

ゆとりを持たせたサイズ感のニットを使い、現代的なシルエットで表現したモダンMIXなスタイリングになります。 ウールやカシミア、スウェードといった秋冬らしいウォーム感を残しつつ、ヤクのストールで上品さをプラス。 足元にはブラックスウェードのシューズを持ってくる事で全体を引き締める効果もあります。

昨年、大好評だったNorlhaのストール。今シーズンはこちらのストライプや、ブロックチェックなど柄のバリエーションが豊富になりました!
姉妹店であるgujiの人気?コンテンツ『齋藤道場』にて優勝を掻っ攫った 白Tちらっと覗かせテクニック。誰もが持っている白Tで、スタイリングにヌケ感をもたらせてくれます。
今シーズンより取り扱いをスタートした"RUE DE TOKYO(ル デュ トーキョー)"。ウールにカシミヤを10%混紡したやわからな風合いのこちらは、何と言ってもバックスタイルの洒落感が秀逸です!

使用アイテム


PAGE TOP

HOME

NEWITEM

BRAND

ITEM

STYLE