"REAL CLOTHING"をテーマに、
本物にだけ感じることの出来る情熱を世界中から探します。

今一番イケてるモノは?バイヤーに聞け!
2018 Spring Summer《前編》

皆様、こんにちは。ringネット担当の猿渡(さるわたり)です。

先シーズンにアップしたバイヤー対談特集ページ
「今一番イケてるモノは?バイヤーに聞け!≪前編≫&≪後編≫」は ご覧いただけましたでしょうか?


私、猿渡の圧倒的な遅筆によりシーズンも後半に差しかかったタイミングでの
公開にもかかわらず思いの外?沢山の方に前回のバイヤー対談がご覧いただけたようで気を良くした私は、

「2018SSシーズンもバイヤーに語ってもらいましょう!」
安易に 思案し

ハワイでのハネムーン帰国翌日に来阪したringバイヤー宮本と、
体重が増加の一途を辿るring OSAKA店長、兼アシスタントバイヤー葭(アシ)による
バイヤー対談をおこないました〜!!(喜)

人物紹介:宮本
ringのバイヤー。ring東京店勤務。
ハネムーンでハワイに行ってきました。幸せな感じです。関東人。
人物紹介:葭(アシ)
ring OSAKA店長。兼アシスタントバイヤー。ring大阪店勤務。
インスタアカウントtakumarone。体重増加中/(^o^)\♪フォローミー!関西人。
人物紹介:猿渡(筆者)
ringネット担当。ring大阪店勤務(主にPT)。
当店主要モデルとしても活動中。最近手術しました。痛かったです。関西人。

ー それではよろしくお願いします。

深々と一礼から始める、ハワイ焼けのバイヤー宮本。

ー まずは、今シーズンのテーマやポイントなどを教えて下さい。

宮本:今シーズンはPITTIや国内での展示会も含めて、各メーカーが積極的に色・柄の打ち出しを行っていた事もあり、久しぶりにシーズン性のある内容でした。
ピンクやイエロー、グリーンにブルーといった色とりどりのカラーパレットと並行してフラワープリントやボタニカル、ハワイアンといった少々癖のある柄にも注目が集まっていて、コロニアルテイストとの組み合わせがポイントとなります。
このような流れから今までの引き算コーデ一辺倒ではなく、足し算コーデもありでしょ!!と問いかけるような意味を込めて
ringの2018SSは
『Enjoy the colors and patterns.(色や柄を楽しむ)』というテーマ
で、
ファッションを楽しめるような、ワクワクするような春夏らしい提案をしていきます!

二人がレコメンドするアウターは・・

ー まずはこの時期気になるスプリングアウターですが、オススメはありますか?

葭:やっぱり、ベルテッドちゃいますかね!?
ボタン留めて、バックルでしっかりベルト留めて、ドレス顔の使い方もアリですし。ボタン留めずにベルトを無造作にキュッと結ぶ着こなしも定着してきましたよね。ベルト邪魔やなと思ったら、ベルトをポケットに入れておくだけでこなれた感じも出せますし、着こなし次第でオンでもオフでも幅広く使えるのがホンマに便利なんです!
あ、あとー。できればベルトを背中の方で結ぶんはヤメてくださいね・・某コートブランドのデザイナーさんが「アレの意味がわからない・・あの結び方は日本か韓国でしかやってない。」って言ってたんで・・(汗)イケてないみたいです・・・。

宮本:今シーズンのライトアウターはベルテッドのディティールも含めてなんですが、ナイロン素材であってもビジネス使い出来るようなものを意識的に選んでいます。

思わず言葉に力が入る、こんがりバイヤーとカリアゲ店長。

葭:MOORERのPREZなんかは特にそういう意図です。シングルのフーデットトレンチで、このままだと少しカジュアル寄りのコートなんですけど、フードを外せばドレスっぽく見せられるっていう。

宮本:こっちのSealupのコートもいいよね〜。シャドウグレンチェックが入ったエクスクルーシブの生地で、一見すると無地にも見えるんでビジネスでも問題ありません。
そして何よりすごい軽いんだよね。あと、襟の裏にミリタリーステッチを入れていて、これのおかげでナイロン素材なんだけど襟の立ちがすんごいキレイ!


ドレス回帰が取りざたされる昨今、やはり気になるのは・・

ー 続いては、お二人も本日着用しているスーツやジャケットといったアイテムはいかがでしょうか?

宮本:数シーズン続いたブリティッシュやアメリカンをMIXさせた提案は、ミリタリーやサファリといった趣向性に変化していて、香りあるテイストを組み合わせるスタイリングは継続しています。ミリタリーグリーンやカーキ、ベージュ、ブラウン等のアースカラーに、タイドアップしたキレイ目スタイルをMIXしたり、トーンオントーンの色合わせなど、香り×キレイ目が今季のキーワードとなります。

葭:スーツで言うと、去年から増え始めてたソラーロや、コットン×リネン素材のものがどのブランドからも提案されてました。

よ〜く見るとソラーロなんです!!(驚)

宮本:このStile Latinoのスーツは、リネン×コットンのソラーロでカラーもキャメルという、今シーズンの要素がギュッと詰まっています。セオリー通りホワイトやベージュのシャツでトーンオントーンでもいいんですが、ここはあえてもう少し明るいカラーのイエローのシャツを合わせてもらいたいですね!

個人オーダーのStile Latino ウールソラーロスーツを着こなし、小技を効かせたシャレオツなVゾーン!!

ー ↑↑宮本さんの今日のスタイルが正にソレ!ですね!!


こちらは、"超"話題沸騰中のアレ・・なんです!(驚)

葭:こっちはセットアップで、上(ジャケット)がLARDINI で、下(パンツ)がringで別注したgiab's ARCHIVIO なんです!!ブランドも違えば、国内の代理店も違う超人気ブランド同士がgiab's ARCHIVIOの定番素材のシャカウールを使ってセットアップを作るっていう、もうその話し聞いた瞬間に「あ、絶対買おう!」って思ってしまいましたもんね・・・。(汗)

宮本:先シーズン、ringのみでなく、どのショップでも完売が続出したgiab's ARCHIVIOのシャカウールを使ったパンツですが、今シーズンはMASACCIOをベースに1プリーツを入れ、洗える合皮のドローコードにプンターレを付けて、裾をお直しいらずのショートレングスのシングル仕上げに変更した別注モデル、その名も・・・"ring"です!!(照)

葭:ホンマは最初モデル名は、MASACCIO×ring=RINGCCIO(リングッチョ)で考えてたんですけど、まー反応悪い悪い・・(笑)

宮本:俺はいいと思ったんだけどね。(笑)

葭:それで、モデル名でずっと迷走してる時に、giab's ARCHIVIOデザイナーの中新井さんが「シンプルにringで行きましょう!」って言ってくれて、中新井さん命名やったらそれはそれでええかってなりました。(笑)


なんだかクタッとしていますが、その理由は・・

ー ジャケットはどうでしょうか?

宮本:2シーズン前より本格的に始まった"リラックス系"の提案は、更に加速の一途を辿っています。LARDINIのEASYスーツを始め、シアサッカーやリネン混、そしてジャージーと・・・カジュアルなゾーンでの提案が多かったこの手の素材も、スーツにジャケットにとトータルで打ち出されるまでになっているのも特徴的です。そんな中で最も力を入れているのがリネン素材のジャケットです。

葭:ジャケットに関してはウールトロピカルみたいな定番のかっちり見える系以外にも、デニムやチノパンとかでカジュアルにも着れるリネンとかシアサッカーを増やしてます。この辺はシャツやタイドアップでもいいんですが、カットソーやニット、ニットポロなんかと合わせたドレスダウンしたスタイルがオススメです。

宮本:あと、好き嫌いはあるかもしれませんが開襟シャツの衿出しのスタイリングも要注目ですね。


茄子紺のヘリンボーンに金ボタン・・・(悦)

宮本:メタルボタンもかなり増えましたね。

葭:メタルボタンはいつ飽きてもいいように、ほとんどのものには通常のボタンも付属するようにしてます。なので、修理屋さんで簡単に付け替えられるんで、気分に応じて楽しんでもらいたいです。


ー 洒落てますね〜!

宮本:スタイリングで見せるとこんな感じです。キャメルのソラーロスーツ ですが、リネン×コットンなのでウールソラーロと違い少しクタッとした表情がこなれ感を出します。シャツもラウンドカラーのイエローストライプ で少し遊びを持たせ、ネクタイはできればタイバーで少し持ち上げて立体的なVゾーンにして欲しいですね。足元はタッセルローファーでもいいんですが、ここはコードバンのコインローファーで少しプレッピーな香りを足しています。



ー それでは2018ssのバイヤー対談(前半)はこの辺りで。

葭:宮本さん、今回全然イジられてないですけど大丈夫ですか?

宮本:別にイジる必要ないでしょ・・・。(哀)




・・という事で2018ssのバイヤー対談(前編)をお送りしました。

それでは!
次のバイヤー対談(後編)は!
また・・・そのうち・・・筆者の圧倒的な遅筆の筆が進んだ時にお目にかかれるかと思います!!

毎日バイヤーがブログを更新していますのでそちらも要チェックです!
最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼バイヤーの想い伝わる?ringブログはこちら↓↓




PAGE TOP

HOME

NEWITEM

BRAND

ITEM

STYLE